一般講演発表者へのお願い

2018(平成30)年度大会の一般講演はすべて
パソコンによるプレゼンテーションです。
・OHCによる発表は行いませんので、ご注意ください。

1. 受付

5演題ごとに「発表者の接続時間」が設けられていますので、ご自身の発表の前の「発表者の接続時間」内に各会場前方の「PC接続席」にお越しの上、各自でUSBメモリーの接続と確認を行ってください(詳細は後述「5. PCへのUSBメモリーの接続(10分間の発表者の接続時間中)」を参照)。

この際、会場進行係が演者の出欠を確認いたします。以上の作業を終えた上で次演者席にて待機してください(ご自身の講演開始の10分前には確実に次演者席にご着席ください)。

※本大会は、「座長・演者受付」は設けていませんので、ご注意ください。

2. 講演時間

講演時間は1題につき、11分(発表8分、討論2分30秒、交代時間30秒)です。

1ベル 発表終了2分前 6分経過時
2ベル 発表終了(討論開始) 8分経過時
3ベル 討論終了(持ち時間終了) 10分30秒経過時

※講演申込件数によっては発表時間を変更する場合があります。

3. 講演方法

大会実行委員会でWindowsノートパソコン(PC)のみを用意します。

発表に使用されるファイルは、必ず新品のUSBメモリーを使用し、PC上に表示されるUSBメモリーの名称は所属・氏名としてください。

※一般講演でのご自身のパソコンでの発表はご遠慮ください。

4. 発表データの作成要項

  1. WindowsではMicrosoft PowerPoint 2010以降、Mac OSXではMicrosoft PowerPoint 2016以降で作成してください。また、予備として上記ファイルをフォント埋め込み処理をしたPDFに変換したファイルも必ず作成して、必ず両者をUSBメモリーに保存してください。また、スライド画面の横縦比は4:3としてください。
  2. 使用するフォントは、MSゴシック、Arial、Symbolを推奨します。
  3. USBメモリーはFAT形式(WindowsはFAT32、MacOSXはFAT)でフォーマットしたものをご利用ください。

5. PCへのUSBメモリーの接続(10分間の発表者の接続時間中)

以下の手順で、原則として発表ファイルを含むUSBメモリーをUSB HUBを介して接続してください。

  1. 5演題ごとに「発表者の接続時間」が設けられていますので、ご自身の発表の前の「発表者の接続時間」内に各会場前方の「PC接続席」にお越しください。
  2. 「発表者の接続時間」中に、大会実行委員会で用意したノートPCに接続したUSB HUBに、発表ファイルを含むUSBメモリーを接続してください。
    その際、USBには、取り間違い防止のため、各講演番号のシールをお渡ししますので、貼ってください。
  3. USBメモリー接続後、PowerPointファイルを開いて、スクリーンに正しく映写されるかを確認してください。
  4. PowerPointファイルに問題があった場合は、PDFファイルを開いて確認いただき、発表はPDFファイルで行ってください。
  5. PCへのUSBメモリーの接続が確認できれば、発表までUSBメモリーはそのままUSB HUBに接続しておき、発表後、直ちにご自身で自分のUSBを取り外しお持ち帰りください。

※切り替え作業等は、スタッフでは行いませんので、ご自身で行ってください。

6. スライド操作

スライド操作は発表者が行ってください(補助者が必要な場合には、ご自身で手配をお願いいたします)。

7. 音声の出力

実行委員会で準備したPCは音声の出力には対応していません。

8. 動画

実行委員会で準備したPCは動画に対応していません。

9. その他

講演(発表)要領の詳細は変更になる場合があります。講演(発表)要領は本ホームページに掲載しますので、その指示に従ってください。

なお、実行委員会で準備するPCは、ウイルス対策は致しますが、完璧とは言い切れません。USBを介したウイルス感染に対しては責任を負いかねますので、ご了解ください。
 


座長へのお願い

  1. 当日は時間に余裕を持って各講演会場にお越し頂き、講演開始の10分前には次座長席で待機して下さい。会場進行係が座長の出欠を確認いたします。