[趣旨] 日本農芸化学会は、JABEE対応委員会を組織し、公益財団法人農学会技術者教育推進委員会のもとで、JABEE農学一般関連分野の審査に加わるとともに、JABEE講習会やJABEE普及指導活動等を行っている。しかし、現在、農芸化学JABEE対応委員会は、JABEEに特化するのではなく、農学・農芸化学教育の推進をはかることを所掌する方向で検討している。一方、農学会技術者教育推進委員会も、JABEEの推進や審査だけでなく、広く農学教育の推進、未来ビジョンについても所掌する委員会として、委員会名も、農学教育推進委員会(案)に変えることになった。

今回のシンポジウムでは、長年、農学教育に関わり、ご活躍した先生に、農学教育について語っていただくとともに、農学教育がどうあるべきか、農学教育の未来ビジョンについても提言してもらう。そして、農学における教育の質保証を担保しながら、有能な人材を育成するための方策について討論したい。

主催 日本農芸化学会JABEE対応委員会
課題名 農学って、なあに? -農学教育の未来ビジョン-
日時 2018年3月16日(金)
場所 名城大学
世話人 江坂 宗春(広大院 生物圏科学)、小原章裕(名城大 農学部)
プログラム

「はじめに -農学教育の未来ビジョン-」
江坂 宗春(広島大院生物圏科学、JABEE対応委員会委員長)

「高大接続と農学教育」
山本 廣基(大学入試センター理事長、元島根大学長、元島根大生物資源科学部長)

「人材育成の視点と実践」
山下 興亜(中部大名誉学事顧問、前中部大学長、元名大副総長、元名大農学部長)

「農学教育の課題と将来展望」
渡部 終五(北里大海洋生命科学部、(公財)農学会理事、JABEE理事、東大名誉教授)

閉会の挨拶
野尻 秀昭(東大、日本農芸化学会理事)