日本農芸化学会では、農芸化学分野の活動や研究内容を広く知っていただく農芸化学「化学と生物」シンポジウムを毎年開催しております。

今年度は、大会の名古屋開催に併せて、2部構成で開催することとなりました。

第1部は、2018年3月15日(木)ホテルナゴヤキャッスルにおいて、2017年ガードナー国際賞を受賞した遠藤章博士による講演を行います。

第2部は2018年3月17日(土)に名城大学天白キャンパスにおいて、2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典博士に講演をお願いします。

詳細は決まり次第本ページに掲載いたします。

 

スタチンとオートファジー 生命科学に革新をもたらした歴史的発見

日本農芸化学会では、農芸化学分野の活動や研究内容を広く知っていただく農芸化学「化学と生物」シンポジウムを毎年開催しております。

今年度は、大会の名古屋開催に併せて、2017年ガードナー国際賞を受賞された遠藤章博士、2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞された大隅良典博士による特別講演をお願いしました。今回は、日本農芸化学会員のみならず、次世代を担うジュニア農芸化学会参加者も聴講いたします。本シンポジウムが、農芸化学および関連分野でのオリジナリティ溢れた研究が生命科学に与えたインパクトを、再認識できる機会になれば幸いです。

皆さん、どうぞお誘い合わせの上、ご参加ください。

主催 公益社団法人日本農芸化学会
【第1部】3月15日(木)
日時 2018年3月15日(木)17:00~18:00
場所 ホテルナゴヤキャッスル・青雲の間
(名古屋市西区樋の口町3-19)
プログラム 17:00-17:05
開会の挨拶
日本農芸化学会会長 佐藤 隆一郎

17:05-17:50
講演「スタチンの発見と開発(Discovery and development of statins)」
遠藤 章((株)バイオファーム研究所代表取締役所長・東京農工大学特別栄誉教授)

17:50-17:55
日本農芸化学会特別賞授賞式

17:55-18:00
閉会の挨拶
日本農芸化学会副会長 吉田 稔
【第2部】3月17日(土)
日時 2018年3月17日(土)16:30~17:45
場所 名城大学天白キャンパス・名城ホール
(名古屋市天白区塩釜口1-501)
プログラム 16:30~16:35
開会の挨拶
日本農芸化学会会長 佐藤 隆一郎

16:35~17:35
講演「酵母から見えてきたオートファジーの世界」
大隅 良典(東京工業大学栄誉教授)

17:35~17:40
日本農芸化学会特別賞授賞式

17:40~17:45
閉会の挨拶
日本農芸化学会副会長 吉田 稔

問い合わせ先

第44回 農芸化学「化学と生物」シンポジウム世話人
中野 秀雄(名古屋大学大学院生命農学研究科)
E-mail