Archive for the 'サイエンスカフェ' Category

Published by 学会(田中) on 07 2月 2017

【2017/2/26(日)開催】
第99回 農芸化学会 サイエンスカフェ in 金沢">【2017/2/26(日)開催】
第99回 農芸化学会 サイエンスカフェ in 金沢

概要

日時 2017年2月26日(日)午後3時00分(入場2:45)から5時00分
場所 カフェ ラモーダ
(金沢市香林坊2丁目4番30号 香林坊ラモーダ3F)
テーマ 「科学でよみとく食べ物の秘密 ~みのまわりのバイオテクノロジー~」
講師 石川県立大学 本多 裕司 氏、 石川県立大学 小柳 喬 氏、石川県立大学中谷内 修 氏、石川県立大学 栗原 新 氏
コーディネーター 石川県立大学  南 博道 氏
内容 私たちの身の回りには、様々な食べ物があふれています。じつは、そのようなありふれた食べ物にも、バイオテクノロジーが利用されています。大学で研究されていることは難しくてわかりにくいと思いがちですが、私たちの生活にとても身近なものです。このサイエンスカフェでは、バイオテクノロジーと食べ物の関係、さらには最近話題になっている腸内細菌と健康との関係について、科学的な視点からお話しします。
演題1)「植物のバイオテクノロジー」中谷内 修氏
サツマイモを中心に、植物の遺伝子組換え技術の基礎とその応用について紹介します。
演題2)「発酵食品にひそむ微生物たちのチカラ」小柳 喬氏
味噌、醤油、納豆、ヨーグルトなどの発酵食品の中で、微生物達はどのように活躍しているのでしょうか。彼らの見事な役割分担によって醸し出される素晴らしい味わいの秘密を紹介します。
演題3)「加賀レンコンの魅力を澱粉から考えてみた」本多 裕司氏
レンコンの一般的なお話と、加賀レンコンにたくさん含まれている澱粉の性質に関するお話です。
演題4)「腸内細菌とヒトとの共生」栗原 新氏
近年の腸内細菌研究流行のきっかけ、ヒト健康と腸内細菌との関連についての最新研究を紹介します。
共催 日本学術会議 農芸化学分科会
後援 石川県公立大学法人石川県立大学
参加費 200円(受講料は無料ですが、カフェで提供する飲食費の一部として必要です。)
定員 20名(先着)生物と化学に興味がある高校生(保護者の方も参加可能です)
参加申込・お問合せ先 石川県立大学 生物資源工学研究所 応用微生物学研究室 南 博道
TEL: 076-227-7523、FAX: 076-227-7557
Eメール:minami@ishikawa-pu.ac.jp
参加申し込みは、タイトルに「サイエンスカフェ参加希望」と記載の上、[1]お名前 [2]年齢 [3]電話番号 [4]高校名 を明記の上、上記アドレスまでEメールにてお申し込みください(2月19日(日)締切)

Published by 学会(田中) on 12 1月 2017

【2017/1/28(土)開催】
第98回 農芸化学会 サイエンスカフェ in 那覇">【2017/1/28(土)開催】
第98回 農芸化学会 サイエンスカフェ in 那覇

概要

日時 2017年1月28日(土)16:00~18:00
場所 おもろまちの酒屋 エンジェルシェア
(那覇市おもろまち4-6-6)
テーマ 「沖縄の伝統発酵食品「とうふよう」をつくる紅麹菌の話」
講師 琉球大学農学部 発酵・生命科学分野 橘 信二郎 氏
コーディネーター 琉球大学農学部 平良 東紀 氏
主催 公益社団法人日本農芸化学会
協力 おもろまちの酒屋 エンジェルシェア
内容 紅麹菌は、沖縄県の伝統大豆発酵食品「とうふよう」の製造に使われているカビで鮮やかな紅い色素をつくります。その色素は、身近な加工食品や菓子類の天然着色料としても利用されています。
近年、紅麹菌がつくる生理活性物質が注目されています。紅麹菌がつくるモナコリンは、血中コレステロール濃度を下げる医薬成分として利用されています。最近では、モナコリンの新しい生理活性も見つかっています。紅麹菌はモナコリン以外にも様々な生理活性物質をつくり、古くから知られている色素にもいろんな生理活性が見つかっています。
沖縄県では、生活習慣病とその合併症が県民の健康寿命に深刻な影響を及ぼしています。紅麹菌がつくる様々な生理活性物質は、生活習慣病の予防や改善に大きく貢献できることが期待されています。今回のサイエンスカフェでは、もっと身近に紅麹菌を知っていただける機会となれば幸いです。
参加費 飲食費として500円お願いします(「とうふよう」と簡単なお菓子類を用意しています)。
定員 10~15名(20歳以上の方)
参加申込・お問合せ先 琉球大学農学部 平良東紀
メール:  tokey@agr.u-ryukyu.ac.jp
Tel: 098-895-8802
お申し込み時に氏名をお知らせください。 尚、お送りいただいた個人情報は、本イベントの運営のためにのみ利用させていただきます。

Published by 学会(田中) on 11 1月 2017

【2017/3/26(日)開催】
第100回 農芸化学会 サイエンスカフェ in 香川">【2017/3/26(日)開催】
第100回 農芸化学会 サイエンスカフェ in 香川

概要

日時 2017年3月26日(日)13:00(入場12:45)~15:00
場所 カフェ アルカディア
(香川県高松市常磐町1丁目4−11(琴電瓦町駅前))
テーマ 「炭水化物と希少糖のサイエンス」
講師 松谷化学工業株式会社 研究所 主査研究員 新谷 知也 氏
コーディネーター 香川大学農学部 佐藤 正資 氏
内容 炭水化物の仲間には、でん粉、砂糖、ぶどう糖、希少糖などの糖質と食物繊維が含まれます。香川県は、炭水化物と縁がある地域で名産品に、讃岐うどんや和三盆糖があります。また近年、香川大学の何森健教授らの長年の研究が基盤となった産官学の連携事業で、希少糖の商品が生まれました。
このサイエンスカフェでは、炭水化物、糖質、食物繊維について簡単に御紹介します。そして、「善玉菌」「善玉コレステロール」ならぬ、「善玉シュガー」ともいうべき魅力的な希少糖の研究・開発の歴史や希少糖の機能性について詳しくお話します。
参加費 500円(飲み物代)
定員 30名(事前申し込み制)
参加申込・お問合せ先 香川大学農学部 佐藤正資
申し込みはEメールでお願いします。件名を「サイエンスカフェ参加希望」として下記アドレスまでご連絡ください。応募多数の場合は先着順といたします。
申込・問合せメールアドレス:sato@ag.kagawa-u.ac.jp
問合せ電話番号:087-891-3090

Published by 学会(田中) on 21 11月 2016

【2016/12/10(土)開催】
第97回 農芸化学会 サイエンスカフェ in 京都">【2016/12/10(土)開催】
第97回 農芸化学会 サイエンスカフェ in 京都

概要

日時 2016年12月10日(土)16:00~17:55
場所 有斐斎 弘道館(ゆうひさい こうどうかん)
(京都市上京区上長者町通新町東入ル元土御門町524-1)
テーマ 「基礎研究を知ろう ~意外に身近に棲む微生物の凄い能力を通じて~」
講師 京都大学農学研究科 応用生命科学専攻 由里本 博也 氏
コーディネーター 京都カラスマ大学
京都大学農学研究科 木岡 紀幸 氏
主催 公益社団法人日本農芸化学会
共催 京都カラスマ大学、有斐斎弘道館
協力 井戸端サイエンス工房
内容 小さいころ、アメーバやミジンコを顕微鏡の中で覗いたことはありますか。
目に見えないものが見えたとき面白いなって思いませんでしたか。
今年、オートファジーでノーベル医学・生理学賞を受賞された大隅名誉教授も、きっとそんな気持ちで細胞を顕微鏡で覗かれていたのかもしれませんね。
オートファジーは癌にも役立つことが期待されているそうです。すごいなー。
でも大隅教授は最初から病気の解明に役に立つと思って研究されたのではなく、純粋に面白い細胞の動きを観察する基礎研究が始まったそうです。
受賞の際も、基礎研究の大切さを語られました。 とはいえ役に立つかどうかわからないものにお金と時間を割くより、実用化されそうなものを研究した方がいいんじゃないの?
今回の授業では同じように顕微鏡を覗きこんで毎日を送られている由里本先生から植物の上に、植物と仲良く棲んでいる微生物の話を通じながら、基礎研究の大切さを教えてもらいます。
基礎研究って何なの?役に立つかどうか分からないことを何で調べるの??教えて由里本先生!
(京都カラスマ大学ホームページより)
参加費 500円(お茶代)
定員 20人
参加申込・お問合せ先 京都カラスマ大学のWEBフォーム(http://karasuma.univnet.jp/subjects/detail/258)からお申込ください。
12月8日(木)20時まで先着順で受付
参加申込の流れはこちら(http://karasuma.univnet.jp/relations/howto/)(京都カラスマ大学:授業の参加方法)

Published by 学会(田中) on 21 10月 2016

第96回 農芸化学会 サイエンスカフェ in 神戸

概要

日時 2016年11月26日(土)14:00~16:00
場所 にしむら珈琲 御影店 3階フレンドサロン
(神戸市東灘区御影2-9-8)
テーマ 「黒大豆で健康を維持しよう」
講師 神戸大学大学院 農学研究科 生命機能科学専攻 芦田 均 氏
コーディネーター 神戸大学サイエンスショップ 伊藤 真之 氏
京都大学農学研究科 木岡 紀幸 氏
主催 公益社団法人日本農芸化学会
共催 神戸大学サイエンスショップ
協力 井戸端サイエンス工房
内容 黒大豆は日本の伝統的な食材のひとつであり、兵庫県の特産品ですが、お正月のおせち料理以外にはそれほど多くは食べられていません。しかし、黒大豆には黄大豆にはない特有のポリフェノールが種皮に含まれています。このポリフェノールに加えて、黄大豆にも含まれているイソフラボンや機能性タンパク質であるβ-コングリシニンも含まれていることから、その機能性は高いと考えられています。このサイエンスカフェでは、この魅力的な食材である黒大豆の機能性として、生活習慣病予防効果、特に肥満や高血糖予防効果について紹介します。
参加費 無料(各自会場で、飲み物、ケーキなどをご注文ください)
参加申込・お問合せ先 神戸大学サイエンスショップ
メール:  scicafe@radix.h.kobe-u.ac.jp
Fax/Tel: (078)803 7979
お申し込み時に氏名をお知らせください。 尚、お送りいただいた個人情報は、本イベントの運営のためにのみ利用させていただきます。

会場風景

写真

Published by 学会(田中) on 13 10月 2016

第95回 農芸化学会 サイエンスカフェ in 名古屋

概要

日時 2016年11月25日(金)18:00(入場5:45)~19:30
場所 名古屋市科学館東館食堂 キーズカフェ名古屋市科学館店
(愛知県名古屋市中区栄二丁目17番1号芸術と科学の杜・白川公園内)名古屋市科学館
テーマ 「生活の中の身近な化学 -酵素の不思議な働き-」
講師 椙山女学園大学 生活科学部 管理栄養学科 間瀬 民生 氏
コーディネーター 天野エンザイム株式会社 岐阜研究所 小池田 聡 氏
内容 「酵素」という言葉を良く見聞きしますが、酵素って何でしょうか? 何か「健康の維持と増進に有効な栄養素」であるかのように語られていますね。しかしそれは正しいとは言えません。「酵素」とは生物の体の中にあって、生命の維持と活動に必要な化学反応を助ける、たんぱく質の仲間です。生命活動に必要な様々な化学反応は、それぞれ異なる種類の酵素の助けにより起こり、たくさんの種類の酵素が特徴的な働きをしています。酵素の働きにより起こる現象は日常生活の中でも見ることが出来ます。
今日、酵素は私たちの生活に大切な働きをしています。生物の体の中の酵素に働きかけ、私達の生活を豊かにしたり、生物から酵素を取り出し様々な産業や生活に利用しています。
ここでは酵素と私達の生活との関係を、日常生活の中で見られる酵素による現象や、生物の体の中の酵素への働きかけによる影響から始まり、酵素を取り出して産業に利用する代表的な例として、主に食品加工に用いられる酵素とその働きを中心にご紹介致します。
定員 40名(事前申し込み制)一般(高校生以上)
参加費 1,000円(受講料は無料ですが、カフェ&レストランで提供する飲食費として必要です)
申込方法 往復はがきかインターネットでお申し込みください。
(1)往復はがきの場合
 往信裏面に、イベント名、期日、参加者全員の住所、氏名、電話番号を記入して、科学館の「サイエンスカフェ」担当へ
(2)インターネットの場合
 名古屋市電子申請サービスwebをご利用ください。
*「利用の手引」や「よくある質問」をお読みのうえ、お申し込みください。
(パソコン用)https://www.e-shinsei.city.nagoya.jp/
(携帯電話用)https://www.e-shinsei.city.nagoya.jp/m
締切 11月11日(金)必着・応募者多数の場合は抽選。
参加申込・お問合せ先 〒460-0008 名古屋市中央区栄二丁目17-1
名古屋市科学館「サイエンスカフェ」担当
電話 (052)201-4486   FAX (052)203-0788
TEL: (052)201-4486   FAX :(052)203-0788

会場風景

写真

Published by 学会(田中) on 05 10月 2016

第94回 農芸化学会 サイエンスカフェ in 岩手

概要

日時 2016年10月29日(土)14:00~15:30
場所 マリオス盛岡地域交流センター18階186会議室
(JR盛岡駅西口3分、岩手県盛岡市盛岡駅西通2−9−1)
テーマ 「日本酒を造る酵母の科学」
講師 岩手大学農学部 下飯 仁 氏、岩手県工業技術センター 米倉 裕一 氏
コーディネーター 岩手大学農学部 下飯 仁 氏
内容 日本酒の芳醇な味や香りは清酒酵母と呼ばれる微生物によってつくり出されます。今までに様々な種類の清酒酵母が開発されており、目標とするお酒の品質に合わせてそれらが使い分けされています。日本酒醸造は伝統的な産業ですが、その一方でその時代のハイテクを進んで取り入れてきた歴史があります。清酒酵母の開発にも最先端の生物学の知見がたくさん生かされています。今回は、各種の清酒酵母の開発の経緯と特長について話題提供するとともに、岩手県での地域に根ざした清酒酵母開発の現状についてもご紹介いたします。
参加費 500円(ドリンク代)
申込・お問合せ先 岩手大学農学部 下飯 仁(しもい ひとし)
申し込みは、Eメールで、件名「サイエンスカフェ参加希望」と記載の上、1)氏名、2)年齢 を明記して下記まで申し込みください。
なお、試飲はありませんが、お酒に関する話題ですので対象者を20歳以上の方に限らせていただきます。応募多数の場合は先着順といたします。
申込・問合せメールアドレス:simoi@iwate-u.ac.jp
問合せ電話番号:019-621-6155

会場風景

写真

 

Published by 学会(田中) on 23 9月 2016

第93回 農芸化学会 サイエンスカフェ in 秋田

概要

日時 2016年10月16日(日) 13:30〜15:30(秋田県立大学 大学祭期間中)
場所 秋田県立大学図書館ラーニングコモンズ(秋田県秋田市下新城中野字街道端西241-438)
テーマ 「伝統野菜で地域を元気に!」
講師 秋田県農業試験場企画室長 吉尾 聖子氏
コーディネーター 秋田県立大学生物資源科学部・応用生物科学科 吉澤 結子氏
主催 公益社団法人日本農芸化学会
後援 秋田県立大学生物資源科学部、あきた郷土作物研究会、秋田県立大学松風祭実行委員会
内容 秋田伝統野菜は現在30種以上が知られていますが、生産者の減少や食生活の変化にともなって、地域食文化が消えゆく恐れもあります。本カフェでは秋田の伝統野菜の現状を紹介し、地域に根ざした独自の資源活用や食文化の継承について、将来の展望を参加者の皆様とご一緒に考える機会とします。
(1)「伝統野菜とは、どんなもの?」吉澤結子氏
(2)「秋田県の伝統野菜、その物語」吉尾聖子氏
(3)フリートーク(意見交換、伝統野菜の展示、加工品の試食など)
参加費 無料(ドリンクは大学祭出店でご購入いただきます)
申込・お問合せ先 秋田県立大学生物資源科学部 常盤野哲生
*事前の申込は必要ありません。生物資源科学部松風祭に合わせて開催します。
メールアドレス:tkwn@akita-pu.ac.jp 電話:018-872-1592

会場風景

写真

 

Published by 学会(田中) on 08 8月 2016

第92回 農芸化学会 サイエンスカフェ in 東京

概要

日時 2016年9月24日(土) 15:00~16:10
場所 三省堂書店神保町本店 2階 UCC カフェコンフォート(東京都千代田区神田神保町1-1)
テーマ 「食べ物の「おいしさ」を感じる仕組み」
講師 東京大学大学院農学生命科学研究科 准教授 三坂 巧 氏
コーディネーター 毎日新聞科学環境部 西川 拓 氏
内容 私たちは毎日、食べ物を食べていろいろな味を感じています。ケーキを食べれば「甘い」、ブラックコーヒーを飲めば「苦い」と分かるのです。当たり前のように感じている食品の味ですが、口の中で味を感じる仕組みが分かったのは、実はつい最近のことなのです。「昆布だし」と「カツオだし」を合わせると旨味が増強されますが、このような食品の味に関する昔からの不思議な現象も、人間が味を感じている仕組みを研究することで、解き明かされるようになってきました。我々がどのようなものをおいしく感じるのか、食べ物の好き嫌いがどうやって出来上がるのか、科学的な視点から考えてみませんか。
参加費 500円(ドリンク代を含む)
お申込み 三省堂書店サイエンスカフェのページ (https://www.books-sanseido.co.jp/sciencecafe/4021)よりお申し込みください。

会場風景

写真

 

Published by 学会(田中) on 08 8月 2016

第91回 農芸化学会 サイエンスカフェ in 札幌

概要

日時 2016年9月3日(土) 15:00~16:30
場所 三省堂書店札幌店BOOKS&CAFE(UCC)(北海道札幌市中央区北五条西2-5 JRタワー札幌ステラプレイス5F)
テーマ 「自然に教わるバイオマスの使い方」
講師 北海道大学農学研究院 助教 高須賀 太一 氏
コーディネーター 北海道大学農学研究院 准教授 石塚 敏 氏
共催 日本学術会議農芸化学分科会
内容 本講演では、持続型社会の構築に向けて、石油の代替燃料として注目されているバイオエタノールの生産技術について、私のこれまでの研究をふまえご紹介致します。バイオエタノールとは、再生可能な生物がつくる資源(バイオマス)を原料として作られるエタノールのことを指します。現在、原料として利用されているバイオマスは主に砂糖やトウモロコシであり、私たち人間の食料と競合してしまうことが問題となっています。この課題を解決するために、私達人間が“食べられない”ものであり、地表上最も豊富にあるバイオマスである森林資源を利用することが考えられています。しかしながら、森林バイオマスからエタノールを生産するために最も重要な糖化プロセス(木を分解して糖を取り出す工程)が進まないために利用が広がっていません。そこで、私の研究室では自然界で木を分解している微生物を研究する事で、どのように木を効率的に分解すれば良いのかを明らかにすることからバイオエタノール生産の効率化を目指しています。
参加費 500円(ドリンク代を含む)
お申込み 三省堂書店サイエンスカフェのページ (https://www.books-sanseido.co.jp/sciencecafe/4120)よりお申し込みください。(終了しました)

会場風景

写真

 

Next »