日本農芸化学会学術活動強化委員会では、「外国人等講演会」、「薮田講演会」、期日限定(前期・後期=年2回募集)の「国際シンポジウム」、「薮田セミナー」開催補助の募集を行っています。(各補助は採択された申請がその年度の予算に達した時点で募集を停止します。また、期日限定募集は開催の期日の限定があります。) 詳細はこちら(PDF. 2017.03.01 最新版)をご覧ください。

募集要項(補助の対象、申請締め切り、予算、申請の目安、応募方法等)

外国人等講演会
(随時募集)
単数から2~3名までの少数の来日中の外国人研究者(外国在住の日本人研究者を含む)による講演会。

他団体主催の大会・国際会議等の経費の一部負担になるような企画は対象外。謝礼、宿泊費、国内移動交通費など申請可能。
開催の1ヶ月前までに申請すること。
薮田講演会
(随時募集)
単数の「会員外の日本人研究者」による講演会。

他団体主催の大会・催し等の経費一部負担になる企画、および本会支部による開催が適切な企画等は対象外。謝礼、宿泊費、国内移動交通費等申請可能。
開催の1ヶ月前までに申請すること。
国際シンポジウム
(期日限定・
年2回募集)
比較的小規模の国際会議・シンポジウム等の主催・共催企画。

補助対象は外国人研究者(外国在住の日本人研究者を含む)。毎年・隔年・不定期に連続して開催されるものや外国人招聘渡航費以外が300万円を超える規模の大きい国際会議等の経費の一部負担になるような企画は対象外。謝礼、宿泊費、渡航費、国内移動交通費、会場費その他等申請可能。原則として申請締切の半年から2年後までに開催されるもの。
年2回募集、前期募集は4月30日まで、後期募集は10月31日までに申請すること。
薮田セミナー
(期日限定・
年2回募集)
日本人研究者数名による特定テーマのセミナー・シンポジウム。

毎年・隔年・不定期に連続して開催されるものや他団体主催の大会・セミナー・シンポジウム等の経費の一部負担になるような企画は対象外。謝礼、宿泊費、国内移動交通費、会場費その他等申請可能。原則として申請締切の半年から1年5ヵ月後までに開催されるもの。
年2回募集、前期募集は4月30日まで、後期募集は10月31日までに申請すること。
年間予算と
申請の目安
外国人等講演会および国際シンポジウムを合わせた「国際学術集会」予算110万円。
このうち外国人等講演会予算30万円、国際シンポジウム予算80万円。
薮田講演会および薮田セミナーを合わせた「薮田講演会・薮田セミナー」予算90万円。

(各補助の申請の目安)
外国人等講演会:1件あたりの目安2~5万円程度(講演者が1人の場合)。
国際シンポジウム:1件あたりの目安20~40万円程度。50万円まで。
薮田講演会:1件あたりの目安2~5万円程度。
薮田セミナー:1件あたりの目安5~40万円程度。50万円まで。
応募方法 応募を希望する場合は、下記のメールアドレスにご連絡の上、応募する補助の申請用紙(Word版)を入手し、必要事項を記入して、期限までに本学会事務局宛に、メールでお申し込み下さい。

〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル2F
公益社団法人 日本農芸化学会事務局
TEL:03-3811-8789 FAX:03-3815-1920 E-mail
選考 学術活動強化委員会にて厳正に審査後、採択あるいは不採択を通知します。
報告 補助を受けた開催責任者は、終了後、実施内容の報告と会計報告書を学術活動強化委員会委員長宛にご提出いただきます。