会告一覧

日 ~  日 

【2018/9/21(金)、22(土)開催】
日本農芸化学会西日本支部大会

概要

開催日 2018年9月21日(金)、22日(土)
場所 崇城大学 池田キャンパス(〒860-0082 熊本市西区池田4-22-1)
◇大会:本館・E号館
◇懇親会:慶賓館2階
プログラム ◆9月21日(金)シンポジウム・特別講演◆(13:00~16:40)
「限りある資源、地球環境への農芸化学からの取り組み」

◇シンポジウム◇

「嫌気性アンモニア酸化 anammox に関わる金属タンパク質の構造と機能」
平 大輔(崇城大、生物生命)

「メタボリックプロファイリングによる化学物質の内分泌かく乱作用 in vitro 評価系の開発」
馬場健史(九州大、生体防御医学研究所)

「焼酎醸造プロセスによる原料大麦の高付加価値化」
髙下秀春(三和酒類)

「光合成による高効率エネルギー変換機構の理解と応用研究はどこまで進んだか?」
杉浦美羽(愛媛大、プロテオサイエンスセンター)

◇特別講演◇

「貴重リン資源有効利用のためのバイオテクノロジー」
黒田章夫(広島大・大学院先端物質科学研究科)

◇懇親会◇(17:00~19:00)

◆9月22日(土)一般講演(口頭発表)◆
参加費 ◇大会
一般 2,000円、学生 1,000円
◇懇親会
事前登録 一般 4,000円、学生 2,000円
当日参加 一般 5,000円、学生 2,500円
お問合せ先 西日本支部庶務幹事 樋口裕次郎(九州大学大学院農学研究院)
E-mail (青字「E-mail」の部分をクリックしてください)

詳細は http://nishinihon.jsbba.or.jp/presentation/presentation2018/324.html をご覧ください。

【2018/11/18(日)開催】
Visionary 農芸化学100 食・腸内細菌・健康研究領域 第2回シンポジウム

以下の開催概要を「Visionary 農芸化学100」ページへ掲載いたしました。

Visionary 農芸化学100 ページへ

【2018/8/30(木)開催】
日本土壌肥料学会と日本農芸化学会の共催シンポジウム

日本土壌肥料学会2018年度大会(神奈川大会)にて日本土壌肥料学会-日本農芸化学会の共催シンポジウム 「植物・微生物機能の解析・制御と食糧・バイオマス生産への応用展開」が開催されます。

日本農芸化学会の会員は参加無料となっております。多くの方々のご来場をお待ちしています。

日本土壌肥料学会2018年度大会(神奈川大会)についてはこちらをご参照ください。

タイトル 日本土壌肥料学会と日本農芸化学会の共催シンポジウム
テーマ 植物・微生物機能の解析・制御と食糧・バイオマス生産への応用展開
日時 2018年8月30日(木)9:30~12:30
場所 日本大学 生物資源科学部
主催 日本土壌肥料学会
共催 日本農芸化学会
世話人 妹尾啓史(東大院農生科)、野尻秀昭(東大院農生科)、浅見忠男(東大院農生科)

プログラム

9:30~12:30

根寄生雑草Strigaによる被害低減を目指した化学的防除法の開発
-植物ホルモン機能制御剤の開発を中心として-

浅見忠男
(東京大学大学院農学生命科学研究科)

生物的硝化抑制(BNI)による作物の収量増と環境負荷低減をめざして
安藤康雄
(国立研究開発法人国際農林水産業研究センター)

バイオマス資源ウキクサの利用価値とその増産技術
森川正章、ジョグ,ラフル、三輪京子
(北海道大学大学院地球環境科学研究院)

作物圏共生微生物の生態的研究と農業・食品産業への応用の可能性
池田成志
(農研機構北海道農業研究センター)

化学制御による植物への環境ストレス耐性付与
松井章浩1),2)、佐古香織1),3)、上田実1),3)、Khurram Bashir1),3)、砂押裕司1),4)、Sultana Rasheed1)、田中真帆1),2)、石田順子1),2)、金鍾明1)、Huong Mai Nguyen1)、吉田稔1)、土生芳樹5)、〇関原明1),2),3),4)
1) 理化学研究所環境資源科学研究センター、2) 理化学研究所開拓研究本部、3) JST CREST、4) 横浜市立大学木原生物学研究所、5) 農研機構)

【2018/9/23(日)開催】
Visionary 農芸化学100 食品機能研究領域 第1回シンポジウム

以下の開催概要を「Visionary 農芸化学100」ページへ掲載いたしました。

Visionary 農芸化学100 ページへ

企業研究者活動表彰の募集について

本会では、2019年度から「企業研究者活動表彰」を新たに設けることとなりました。本表彰は、全国大会、支部例会の一般講演、またはシンポジウム等で筆頭発表者として研究成果報告を行った企業在籍の会員を表彰することで、企業研究者の学会活動を奨励するものです。

該当される会員の方は奮ってご応募ください。

募集要項

応募資格 ・企業研究者として3年以上の会員歴を有する者
・2018年度名古屋大会において筆頭発表者として学会発表した企業所属の正会員で、それ以前に1回以上の発表を行った者

※2017年度以前の全国大会、または各支部で開催された支部例会において企業研究者かつ筆頭発表者として発表した回数を含める。
※後日、2019年度東京大会で筆頭発表者として学会発表登録した企業所属の正会員にも改めて募集をいたします。同じく、東京大会において表彰を予定しております。
※2020年度以降の全国大会発表予定者についても、同様に表彰事業を行う予定です。
表彰 ・2019年度東京大会の懇親会において表彰し、会場に氏名と所属企業を掲示いたします。
・表彰時の懇親会は無料招待となります。

※表彰者の所属企業社長宛に、「企業研究者活動表彰」の表彰者であることを通知いたします。
応募方法 下記フォームよりお申し込みください。
2019年度東京大会で2回目の発表を予定されている方は、11月以降にご応募ください。



申請フォームに入力、送信後、登録されたE-mailアドレス宛に受付通知が自動送信されます。メールが届かない場合は、E-mail(青字「E-mail」の部分をクリックしてください)にてお問い合わせください。
問い合わせ先 公益社団法人日本農芸化学会
TEL:03-3811-8789
FAX:03-3815-1920
E-mail(青字「E-mail」の部分をクリックしてください)

※本表彰は企業研究者個人の活動に対してのものとなります。この事実を開発製品等の宣伝に使用することは認められません。

フェロー候補者ご推薦のお願い【7月31日締切】

2018年6月8日

会員の皆様へ

公益社団法人日本農芸化学会
学術活動強化委員会
委員長 吉田 稔

日本農芸化学会は2014年度よりフェロー制度を設置いたしました。本制度は、本会における継続的な活動を通じ、農芸化学分野において優れた業績をあげ、社会および本会の発展に顕著な貢献をなした正会員に対し、日本農芸化学会フェローの称号を授与し、その功績を称えるとともに、本会の更なる発展に貢献していただくことを目的としております。
これまでに下記HP掲載の96名の方にフェローとして本会の発展にご尽力いただいております。
http://www.jsbba.or.jp/about/org/fellowlist.html

今年度につきましても、日本農芸化学会フェロー候補者を募集いたしますので、適任の方のご推薦をお願いいたします。なお、今回より、被推薦者本人の同意は不要となりました。ご推薦にあたっては、日本農芸化学会フェロー制度規程をお読みいただきますようお願い申し上げます。
フェロー制度規程および候補者推薦書は以下よりダウンロードいただけます。

フェロー候補者の推薦書は、所定の用紙を用いて作成し、7月31日(火)までに事務局にご提出ください。

なお、名誉会員、有功会員の方につきましても、フェローになっていただくことが可能です。自薦を受け付けておりますので、事務局までお問い合わせ下さい。

ダウンロード

候補者推薦書提出先

日本農芸化学会事務局フェロー推薦係 E-mail(青字「E-mail」の部分をクリックしてください)
※推薦書はメール添付でご送信ください。

フェローのご推薦にあたって

日本農芸化学会フェロー規程の第2条と第3条に云う「顕著な業績」とは、下記のような事項が該当します。

  • 社会における活動
    (1)国際的な学術団体等で著名な賞、称号を受けていること
    (2)社会的に評価の高い論文(責任著者であること)、著作、出版物があること
    (3)社会的に評価の高い発明あるいは技術・製品開発があること
    (4)社会の発展に多大な功績があること(例:産学官連携や地域に対する貢献等)
  • 本会における活動
    (5)日本農芸化学会賞や功績賞の受賞実績
    (6)本会の役員、支部長、理事など務めた実績
    (7)本会主催・共催の国際会議、大きな国内会議での組織委員長、実行委員長など務めた実績
    (8)本会の運営、発展に多大な貢献
  • その他
    (9)その他、上記(1)~(8)以外の特記すべき事項

情報公開 更新

平成29年度事業報告書、決算報告書および2018(平成30)年度事業計画、2018(平成30)年度予算を公開いたしました。

情報公開 ページへ

本会会員受章・本会推薦受賞 更新

平成29年度森永奉仕会賞(本会推薦)を「本会会員受章・本会推薦受賞」ページへ掲載いたしました。

本会会員受章・本会推薦受賞 ページへ

2018年度大会を顧みての掲載

「2018年度大会を顧みて」を「年次大会」ページへ掲載いたしました。

年次大会 ページへ

2018年度(平成30年度)日本農芸化学会東北支部 若手奨励賞候補者募集【8月10日締切】

日本農芸化学会東北支部では、東北支部若手奨励賞候補者を募集します。奮ってご応募ください。

  • 受賞者は平成30年9月21日(金)に開催される日本農芸化学会東北・北海道支部合同若手の会にて受賞講演をして頂きますので、ご承知おき下さい。
応募資格 ・申請時に1年以上継続して日本農芸化学会員であること
・および本年4月2日現在で満30歳以下であり、東北支部内の大学・大学院・高等専門学校等に学生、研究生、博士研究員、あるいは任期付教員として在籍していること
応募書類 様式は任意です。下記書類を各々4部(うち3部はコピー可)を郵送して下さい。
1) 履歴書(市販品)
2) 支部参与(東北支部所属正会員の教授)の推薦書(A4版1枚)
3) 研究題目と研究概要(800字以内)
4) 原著論文別刷(過去3年間以内、1-3編、印刷中含む)
5) 原著論文リスト(過去5年間以内、印刷中含む)
6) 日本農芸化学会大会および東北支部会での発表演題リスト
(過去3年間以内の演題、応募研究を発表した演題に○)
応募締切 2018年8月10日(金)消印有効
応募書類提出先 〒980-8572
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
東北大学大学院農学研究科栄養学分野
駒井三千夫(日本農芸化学会東北支部長)

2018年度(平成30年度)日本農芸化学会東北支部 奨励賞候補者募集【8月10日締切】

日本農芸化学会東北支部では、東北支部奨励賞候補者を募集します。奮ってご応募ください。

  • 受賞者は平成30年9月22日(土)に開催される日本農芸化学会東北・北海道支部合同大会にて受賞講演をして頂きますので、ご承知おき下さい。
応募資格 ・申請時に3年以上継続して日本農芸化学会員であること
・および本年4月2日現在で満45歳以下であり、主たる研究の場が東北支部内であること
・加えて、少なくとも1回は日本農芸化学会東北支部会で発表していること
応募書類 様式は任意です。下記書類を各々4部(うち3部はコピー可)を郵送して下さい。
1) 履歴書(市販品)
2) 支部参与(東北支部所属正会員の教授)の推薦書(A4版1枚)
3) 研究題目と研究概要(2,000字以内)
4) 原著論文3編以内の別刷(過去3年間に発表された論文、印刷中含む)
5) 原著論文リスト(過去5年間に発表された論文、印刷中含む)
6) 日本農芸化学会大会および東北支部会での発表演題リスト
(過去3年間に発表された演題、応募研究を発表した演題に○)
応募締切 2018年8月10日(金)消印有効
応募書類提出先 〒980-8572
宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
東北大学大学院農学研究科栄養学分野
駒井三千夫(日本農芸化学会東北支部長)

【2018/6/11(月)開催】
日本ケミカルバイオロジー学会と日本農芸化学会の合同シンポジウム

創立100周年記念事業の一環として、農芸化学分野と関係が深い分野の学会と垣根を越えた交流と相互の発展を図るため、このたび、日本ケミカルバイオロジー学会との合同シンポジウムを開催する運びとなりました。2018年3月に名古屋大会で開催されたシンポジウム「ケミカルバイオロジー研究の最前線」に引き続き、日本ケミカルバイオロジー学会第13回年会において、下記の要領で開催いたします。

合同シンポジウムの聴講料は、本会会員の方は「無料」となります。皆様奮ってご参加ください。

日本ケミカルバイオロジー学会第13回年会についてはこちらをご参照ください。

タイトル 日本農芸化学会合同シンポジウム
日時 2018年6月11日(月)10:00~12:00
場所 東京医科歯科大学 M&Dタワー2階 鈴木章夫記念講堂
主催 日本ケミカルバイオロジー学会
共催 日本農芸化学会
オーガナイザー代表 吉田 稔(理化学研究所)
座長 長田裕之(理化学研究所)、井本正哉(慶應義塾大学)

プログラム

9:55~10:00 挨拶
吉田 稔(理化学研究所)
10:00~10:30 動物の行動を制御する化学感覚シグナル:バイオロジカルケミストリーかケミカルバイオロジーか?
東原和成(東京大学大学院農学生命科学研究科)
10:30~11:00 フェアリー化合物は新しい植物ホルモンか?
河岸洋和(静岡大学グリーン科学技術研究所)
11:00~11:30 選択的オートファジー分解を可能にする低分子化合物
有本博一(東北大学大学院生命科学研究科)
11:30~12:00 ペプチドを用いた生理活性分子の細胞内送達
二木史朗(京都大学化学研究所)

ポスター

日本農芸化学会合同シンポジウム

日本農芸化学会合同シンポジウムポスター(PDF)

第71回国際会議出席費補助金交付候補者の募集【7月31日締切】

日本農芸化学会学術活動強化委員会では、海外で開かれる農芸化学諸分野の国際会議の出席希望者を対象とした国際会議出席費の助成を行っています。

募集要項

対象 海外で開かれる農芸化学諸分野の国際会議出席希望者(一般、院生)。
ただし、2018年10月1日~2019年3月31日までに開かれる国際会議で発表を予定している方。
助成件数 (一般)4件程度、(院生)2~3件程度
助成金額 (一般)1件20万円以内、(院生)1件20万円以内
応募方法 下記フォームよりお申し込みください。



申請フォームに入力、送信後、登録されたE-mailアドレス宛に受付通知が自動送信されます。メールが届かない場合は、E-mail(青字「E-mail」の部分をクリックしてください)にてお問い合わせください。
応募の締切 2018年7月31日(火)
助成金の交付時期 2018年9月以降
問い合わせ先 公益社団法人日本農芸化学会
TEL:03-3811-8789
FAX:03-3815-1920
E-mail(青字「E-mail」の部分をクリックしてください)

 

Next »

寄附企業·賛助企業

学会誌·ジャーナル

その他