ジュニア農芸化学会とは?

2016年度札幌大会 ジュニア農芸化学会にて

  2016年度札幌大会ジュニア農芸化学会にて
  (写真をクリックすると大きな画像が開きます)

ジュニア農芸化学会とは、本会が開催している高校生による研究発表会です。

日本農芸化学会では、2006年度の京都大会より高校生によるポスター発表会を開催しています。2007年度東京大会では、特別編として中学生による発表も試行しました。 

高校生のみなさんが、全国から集まる高校生仲間の発表に耳を傾け、大学生(院生)、大学の先生、企業の第一線で活躍する研究者と直接質疑応答することは、21世紀のバイオサイエンスの担い手となるみなさんにとって絶好の機会です。

 

ジュニア農芸化学会 2016(札幌)

ジュニア農芸化学会 2016 概要はこちらから(PDF)
応募期間:2015年12月1日(火)~12月28日(月)

  • ジュニア農芸化学会2016の案内(PDF)(準備中)

過去の発表一覧

化学と生物 農芸化学@High School

過去のジュニア農芸化学会の各サイト

小学校・中学校・高等学校への出前授業

被災地理科教育支援事業

農芸化学関連 全国大学院研究科・専攻一覧

関連リンク

お知らせ

  • 本会の初代会長である鈴木梅太郎(1874-1943)が、マンガ日本史46号(2010年9月19日発行、朝日新聞出版)のp.33『世界に躍り出た日本の科学者たち』の中に顔写真付きで紹介されました。