天然物化学研究領域 第2回シンポジウム「これからの天然物化学 ~生命現象の化学をモノづくりに結ぶまで~」

概要

主催 公益社団法人日本農芸化学会
日時 2019/10/12(土)13:00~
場所 岡山大学 創立五十周年記念館(岡山市北区津島中)
JR岡山駅から岡電バス「岡大西門」下車徒歩1分
参加費 入場無料(事前の参加申込をお願いします)
但し、ミキサーは有料(3,000円)
ポスター

visionaryポスター20191012

天然物化学研究領域 第2回シンポジウム「これからの天然物化学 ~生命現象の化学をモノづくりに結ぶまで~」(PDF)

プログラム

13:00-13:05 開会挨拶
吉田 稔(日本農芸化学会会長)

13:05-13:15 領域紹介
清田 洋正(岡山大学大学院環境生命科学研究科)

13:15-13:55 「革新的微生物二次代謝産物生産技術」
新家 一男(産業技術総合研究所)

13:55-14:35 「天然変性たんぱく質の操作に向けた合成分子戦略」
大神田 淳子(信州大学大学院総合理工学研究科)

14:35- 15:15「計算化学を使って有用な天然物を探索する -電子状態インフォマティクスによる挑戦-」
杉本 学(熊本大学大学院先端科学研究部)

15:15-15:30 休憩

15:30-16:10「構造活性相関の自動探索:自動設計と自動合成が融合するロボット創薬の幕開け」
石原 司(産業技術総合研究所)

16:10-16:50「環状デプシペプチド天然物の全合成、ライブラリー合成、プローブ合成、三次元構造解析」
土井 隆行(東北大学大学院薬学研究科)

16:50-17:30「結晶スポンジ法:天然物化学、創薬研究への応用」
藤田 誠(東京大学大学院工学系研究科)

17:30 閉会挨拶
阿部 敬悦(日本農芸化学会副会長)

17:50 ミキサー

参加申込

※オンラインでのお申込みは【10月7日(月)まで】となります。
※【10月7日(月)】以降は、当日会場にてお申込みください。
※満席に達した時点で受付を終了させて頂きます。

Visionary 農芸化学100 ページへ