概要

日時 2017年11月25日(土)15:00~16:30
場所 三省堂書店札幌店BOOKS&CAFE(UCC)
(札幌市中央区北5条西2丁目JRタワー札幌ステラプレイス5F)
TEL: 011-209-5600
共催 三省堂書店
テーマ 「甘くない糖鎖の研究~グルコサミン、コンドロイチン、大腸菌O157感染、血液型などと”糖”との関わり」
コーディネーター 北海道大学大学院 先端生命科学研究院 助教 村井 勇太 氏
北海道大学大学院 農学研究院  准教授 橋本 誠 氏
講師 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門
分子生物工学研究グループ 主任研究員 清水 弘樹 氏
内容 身近にある糖の代表格である砂糖は舐めると甘いため、「糖」と言うと甘い物質と思われているでしょう。実際、ショ糖や麦芽糖、ブドウ糖などは甘味料として使われていますが、これらがつながった「糖鎖」は決して甘くありません。例えば、ブドウ糖がつながった澱粉自体には甘味をほとんど感じませんし、「紙」は澱粉と同様にブドウ糖がつながってできていますが決して甘くありません。カニやエビの殻も糖鎖でできています。

「糖鎖」は甘味を与える物質ではなく、生体内のいろいろな機能を司る生体物質です。血液型を決めているのは糖鎖です。大腸菌O157感染は糖鎖が引き金となりますし、インフルエンザ薬タミフルは糖鎖機能に着目して開発されました。最近TVで耳にするグルコサミンやコンドロイチンなども糖や糖鎖の仲間です。

一方、研究対象としての糖鎖は複雑な化合物で、糖鎖研究は難しいもの(甘くない)と言われています。本会では、甘くない糖鎖研究の一端をご紹介しつつ、言語構造や文化背景、はたまた最近の研究制度変化などにより、日本で化学研究を進める難しさをぼやきたいと思います。
参加費 500円(ドリンク代含む)
定員
参加申込・お問合せ先 三省堂書店札幌店