• 参加申込(受付終了)
  • -->
  • 農芸化学企業説明会
  • 大会プログラム検索とマイスケジュール

授賞式·受賞講演の開催方式、一般講演について

授賞式·受賞講演の完全オンライン開催への変更について

公益社団法人日本農芸化学会は、来る3月15日から18日において、2022年度大会を一般講演、シンポジウム、附設展示会、ジュニア農芸化学会はオンライン形式、各賞授賞式と受賞講演はオンラインとの組み合わせによるハイブリッド形式で準備を進めてきました。しかしながら、現在、新型コロナウイルス感染症のデルタ株からオミクロン株への置き換わり等による感染が急拡大しております。

こうした状況を踏まえ、昨年11月に政府が発表した「次の感染拡大に向けた安心確保のための取組」に協力し、学術研究活動並びに経済社会活動を継続させることを最大限考慮し、且つ、本会会員並びに一般社会における感染リスクを最小限に抑えるため、やむを得ず、大会第一日目の授賞式・受賞講演も完全オンライン形態にて開催することといたします。

受賞者の皆様に対しては、追って学会事務局よりご案内差し上げます。

現今の状況をご斟酌賜り、緊急的に講ずる措置について、ご理解・ご協力くださいますよう何卒お願い申し上げます。

公益社団法人日本農芸化学会
会長 松山 旭

一般講演について

一般講演口頭発表者の皆様へ 最終更新日:2022.02.09

授賞式·受賞講演の完全オンライン開催への変更について

公益社団法人日本農芸化学会は、来る3月15日から18日において、2022年度大会を一般講演、シンポジウム、附設展示会、ジュニア農芸化学会はオンライン形式、各賞授賞式と受賞講演はオンラインとの組み合わせによるハイブリッド形式で準備を進めてきました。しかしながら、現在、新型コロナウイルス感染症のデルタ株からオミクロン株への置き換わり等による感染が急拡大しております。

こうした状況を踏まえ、昨年11月に政府が発表した「次の感染拡大に向けた安心確保のための取組」に協力し、学術研究活動並びに経済社会活動を継続させることを最大限考慮し、且つ、本会会員並びに一般社会における感染リスクを最小限に抑えるため、やむを得ず、大会第一日目の授賞式・受賞講演も完全オンライン形態にて開催することといたします。

受賞者の皆様に対しては、追って学会事務局よりご案内差し上げます。

現今の状況をご斟酌賜り、緊急的に講ずる措置について、ご理解・ご協力くださいますよう何卒お願い申し上げます。

公益社団法人日本農芸化学会
会長 松山 旭

一般講演について

一般講演口頭発表者の皆様へ 最終更新日:2022.02.09

更新情報·お知らせ

ページの先頭へ