報告

xxxxx

会場風景

写真 写真

概要

タイトル 第30回さんわかセミナー 「バイオテクノロジーから発想する健康&スポーツの新潮流」
主催 日本農芸化学会 産学官若手交流会(さんわか)
開催趣旨 2020年東京オリンピック開催を控え、人々の健康志向やスポーツへの興味は年々高まっています。近年はインターネットの普及により、健康や運動に関する専門的な情報が比較的容易に入手できるようになり、一般市民の方でも科学的根拠に基づいた健康増進や体力向上を効率よく実施できる時代となってきました。このような現状から、健康の増進や体力を向上させるバイオテクノロジーは現代社会において大きく注目されています。

そこで、第30回さんわかセミナーでは「バイオテクノロジーから発想する健康&スポーツの新潮流」と題しまして、第一線でご活躍されている先生方をお招きして、お話を伺う機会を企画しました。講演終了後には、先生方を囲んで技術交流会も開催します。日本農芸化学会会員ではない方の参加も歓迎いたします。ご興味のある皆様方のご参加をお待ちしております。なお、技術交流会からの参加も受付けております。ぜひ本セミナーを機会に研究の幅、交流の輪を広げてみてはいかがでしょうか。
日時 2018年1月19日(金)
受付13:00~、セミナー13:30~、技術交流会17:15~
会場 京都大学 吉田キャンパス北部構内 理学部セミナーハウス
アクセス JR京都駅から
市バス 京都駅前 206系統「東山通 祇園・北大路バスターミナル」行(約35分)→百万遍(→今出川通を東に徒歩10分)
市バス 京都駅前 17系統  「河原町通 四条河原町・銀閣寺」行(約35分)→京大農学部前
http://www.sci.kyoto-u.ac.jp/modules/tinycontent9/
講演者 木村郁夫(東京農工大)
米井嘉一(同志社大)
家光素行(立命館大)
栗木 隆(江崎グリコ)
プログラム 13:00- 受付開始
13:30- 開会

13:35-
『 食由来腸内代謝産物と生体エネルギー制御 』
木村郁夫(東京農工大)


14:25-
『 糖化ストレス対策と次世代抗糖化機能性食品 』
米井嘉一(同志社大)


15:15- 休憩

15:25-
『 運動や食品(サプリメント)が生活習慣病予防や体力向上に与える影響 』
家光素行(立命館大)


16:15-
『 The best science or/and the best application 』
栗木 隆(江崎グリコ)


17:05- 閉会
17:15- 技術交流会
参加費 セミナー参加費:無料(当日受付可)
技術交流会参加費:3,000円、学生1,000円(事前申し込み制)
定員 100名
(満席となり次第締め切りとなります。当日残席がある場合のみ入場できます。)
参加申込 お申込みは下記のリンクからお願いいたします。技術交流会の参加も事前申込みが必要です。
https://goo.gl/forms/8526zjwhRJThYcfG2
[申込み締切 2018年1月12日(金)]

※上記リンクからお申し込みができない場合、必要事項【お名前、お名前(ひらがな)、ご所属、日本農芸化学会会員種別(正会員、学生会員、非会員)、学年(学生のみ)、ご連絡先(E-mail)、技術交流会(参加、不参加)】をご記入の上、下記問合わせ先にご連絡ください。
※お申込みいただいた個人情報は、参加確認および今後のさんわかセミナーご案内以外の目的には使用いたしません。
問い合わせ先 日本農芸化学会 産学官若手交流会(さんわか)
E-mail