会告一覧

日 ~  日 

日本農芸化学会 中部支部第190回例会

日本農芸化学会中部支部第190回例会
受賞講演、ミニシンポジウムおよび一般口頭発表(企業展を同時開催)
(対面とZoomを用いたハイブリッド形式での開催)

概要

開催日 2021年9月18日(土)
会場 名古屋大学農学部(対面とZoomを用いたハイブリッド形式での開催)
プログラム

企業展(オンラインにて)
09:00~12:00 農芸化学関連企業に就職を考える学生のための企業展

受賞講演
13:00~13:05 開会の辞、支部長挨拶
13:05~13:45 2020年度日本農芸化学会賞
 「高等菌類由来の生物活性物質に関する化学的研究」
  河岸 洋和(静岡大学グリーン科学技術研究所)
13:45~14:25 2021年度日本農芸化学会功績賞
 「D-アミノ酸代謝関連酵素:その分子基盤と機能開発」
  吉村 徹(名古屋大学大学院生命農学研究科)
14:25~14:30 休憩

ミニシンポジウム 『バイオインフォマティクスが拓く新しい農芸化学』
14:30~15:00 「自動化がもたらす新たなデータサイエンス~大腸菌のハイスループット解析を例に~」
  堀之内 貴明(理化学研究所 生命機能科学研究センター)
15:00~15:30 「バイオインフォマティクス教育の今後」
  門田 幸二(東京大学大学院情報学環・学術情報学府)
15:30~15:50 休憩

一般口頭発表
15:50~18:00 一般口頭発表

参加費 無料(会員でない方も来聴歓迎)
参加申込

中部支部ホームページにアクセスいただき、事前参加申込をお願い致します。事前申込へのご協力、よろしくお願いします。
事前参加申込締切:9月17日(金)正午

問い合わせ先

兒島 孝明(名古屋大学大学院生命農学研究科)
〒464-8601 名古屋市千種区不老町
Tel: 052-789-4144
E-mail: kojimat(@マーク)agr.nagoya-u.ac.jp

詳細は  中部支部ホームページをご覧ください。

日本農芸化学会2022年度大会シンポジウム課題の募集【7月30日正午締切】

日本農芸化学会2022年度大会は2022年(令和4年)3月15日(火)~18日(金)の4日間、オンライン形式にて開催されます。大会期間中の3月16日(水)~18日(金)に、1課題約2時間30分の枠でシンポジウムを開催予定です。つきましては、シンポジウム課題を会員の皆様から公募いたします。多くの魅力的なご提案をお待ちしております。

今回のシンポジウムでは、特に次のようなご提案を歓迎します。(これらに限定するわけではありません。)

  • 領域横断的シンポジウム(多様な研究領域を内包した日本農芸化学会ならではの提案)
  • 産業界にアピールする内容や産業界からの発信を含んだシンポジウム
  • 国際性の高いシンポジウム(オンライン開催のメリットを活かした海外からの発信など)
  • ダイバーシティに富んだシンポジウム(日本農芸化学会の基本方針である性別、国籍、年齢などの差異を超えたダイバーシティ推進に寄与する提案)

ご応募にあたっては、下記の点にもご留意ください。

  • 世話人代表者は、日本農芸化学会正会員に限ります。
  • 1シンポジウムにおける非会員シンポジスト数を、そのシンポジウムにおける全シンポジスト数の半数以下にしていただくようお願いします。
  • 非会員シンポジストの大会参加費は無料といたします。

ご提案いただいたシンポジウム課題の採否につきましては、シンポジウム委員会で検討し、8月末頃までに課題応募者宛てにその結果をご連絡いたします。その他のご不明な点につきましては、シンポジウム担当代表までお問合せ下さい。

シンポジウム課題公募要領

応募期限 2021年7月30日(金)正午
応募申請に必要な記載事項 1) 課題(仮題でも可)
2) 世話人代表者(正会員)情報 (郵便番号、所在地、所属、電話番号、E-mailアドレス、会員番号)
3) 代表者以外の世話人の氏名・所属(1~2名)
4) 企画趣旨と概要(600字程度) 
提案するシンポジウムの趣旨(必要性、魅力、他学会との共催等)について、詳細をご記載ください。
5) 講演者案(氏名・所属・会員と非会員区分・決まっている場合は演題(仮題可)やテーマ案)
6) 海外講演者の有無
7) 使用言語(日本語・英語・一部英語の別)
8) 予想される聴衆人数
9) その他の参考となる事項
申請 応募フォームより申請ください。
問合せ先 シンポジウム担当代表
栗原達夫(京都大学化学研究所) E-mail、菅原達也(京都大学大学院農学研究科) E-mail
(青字「E-mail」の部分をクリックしてください)

 

【2021/9/18(土)開催】Visionary 農芸化学100 食・腸内細菌・健康研究領域 第3回シンポジウム 参加申込開始

以下の開催概要をVisionary 農芸化学100 食・腸内細菌・健康研究領域 第3回シンポジウム「健康長寿社会に向けての腸内細菌科学の新展開」参加申込を開始しました。

Visionary 農芸化学100 ページへ

第4回農芸化学中小企業産学・産官連携研究助成採択候補者の募集について[創立100周年記念事業]

下記要領により、農芸化学中小企業産学・産官連携研究助成の課題募集を行います。奮ってご応募ください。

1.助成の趣旨と目的

この助成事業は、農芸化学会創立100周年記念事業として、農芸化学分野における中小企業の産業振興をめざして、国公立大学・私立大学・高等専門学校・国立研究開発法人・独立行政法人・地方公設試験所等の公的研究機関に所属する研究者と中小企業との農芸化学分野の共同研究提案のうち、優秀なテーマ提案者を顕彰し、もって研究成果の早期創出とその産業化を支援、研究助成することを目的とします。

2.4つの研究領域

  • (1)生命科学に関連する産業に資する基盤・応用研究開発
  • (2)食に関連する産業に資する基盤・応用研究開発
  • (3)化学・環境に関連する産業に資する基盤・応用研究開発
  • (4)その他、農芸化学に関連する産業に資する基盤・応用研究開発

3.助成および期間

 7件以内

  • 助成金:100万円以内
  • 研究期間:2022年4月1日~2024年3月31日(2年間)

4.応募資格

本会会員である国公立大学・私立大学・高等専門学校・国立研究開発法人研究所・地方公設試験所等の公的な非営利研究機関に在籍する職員・研究者(年齢不問)が研究代表者として、中小企業基本法の「中小企業者の範囲」で定める中小企業に所属する研究開発者と共同申請すること。

※学生は応募できません。

5.応募方法

下記フォームより必要事項を記載して申請ください。



申請フォームに入力、送信後、登録されたE-mailアドレス宛に受付通知が自動送信されます。メールが届かない場合は、E-mail(青字「E-mail」の部分をクリックしてください)にてお問い合わせください。

提出期限:2021年9月30日(木)20:00

6.顕彰、事後報告

研究期間終了後、3ヶ月以内に会計報告書および研究成果報告書を産学官学術交流委員会に提出していただきます。また、産学官学術交流委員会が主催する成果発表会での成果発表をお願いする場合もあります。

7.成果発表

本会は、助成研究の結果を普及活用させるため、その要約の印刷、配布をいたします。
また、研究実施者は、研究助成の成果を学会、学術雑誌等に発表するときは本会の研究奨励金等を受けて実施した旨を明示してください。

8.知的財産権等

選出された研究テーマの知的財産権は、研究者の所属機関の規定に従うものとします。

9.採択時の留意事項

  • 中小企業基本法の「中小企業者の範囲」で定める中小企業については別紙(PDF)を参照ください。
  • 応募する中小企業が、助成該当年度に申請課題と密接に関連した課題で、助成額500万円以上の他の公的資金による研究開発を単独または共同で実施することが予定(決定)されている場合には採択候補になりません。
  • 採択課題の中小企業研究責任者は、助成事業実施時には本会正会員になっていただきます。
  • 採択課題の研究実施にあたっては、研究代表者所属機関と共同研究先中小企業との間で、共同研究契約またはこれに準ずる契約(例:学術指導契約等)を締結し、その契約書の写しを提出していただきます。

問い合わせ

公益社団法人日本農芸化学会事務局
〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル内
E-mail(青字「E-mail」の部分をクリックしてください)

2021年度大会を顧みての掲載

「2021年度大会を顧みて」を「年次大会」ページへ掲載いたしました。

年次大会 ページへ

2022年度(令和4年度)学会賞・功績賞 受賞候補者推薦募集

学会賞・功績賞の受賞候補者の推薦募集を掲載いたしました。

各種授賞 ページへ

2022年度(令和4年度)日本農学賞 本会推薦候補者推薦募集

日本農学賞の本会推薦候補者の推薦募集を掲載いたしました。

各種授賞 ページへ

Next »

寄附企業·賛助企業

学会誌·ジャーナル

学会公式SNSアカウント

その他