報告

xxxxxxxxxx

写真 写真

会場風景

写真 

概要

タイトル 「未来を拓くスマートバイオセンシング技術」
主催 日本農芸化学会 産学官若手交流会(さんわか)
ポスター

さんわか

さんわか第32回セミナー ポスター(PDF)

開催趣旨 近年、身の回りの環境や生体情報を検知し、さらにはそのデータを蓄積し、人工知能に供することにより、人々の生活を豊かにする試みが精力的に進められております。 そのような流れから、多種多様な生体情報理解し、特異的に正確にセンシングする基盤技術の開発や、センシングデータを人々が利用しやすいようにストレスフリーな状態で表示する開発が重要になっております。独自に開発を進めている大手企業も多いことと思います。農芸化学の生命・食・環境分野ともおおいに関わりがあり、これからも伸びてゆく分野の一つと考えております。

そこで、第32回さんわかセミナーでは「未来を拓くスマートバイオセンシング技術」と題しまして、第一線でご活躍されている先生方をお招きして、お話を伺う機会を企画しました。講演終了後には、先生方を囲んで技術交流会も開催します。日本農芸化学会会員ではない方の参加も歓迎いたします。ご興味のある皆様方のご参加をお待ちしております。なお、技術交流会からの参加も受付けております。ぜひ本セミナーを機会に研究の幅、交流の輪を広げてみてはいかがでしょうか。
日時 2018年11月26日(月)
受付13:00~、セミナー13:30~、技術交流会17:30~
会場 東京大学 弥生キャンパス 中島董一郎記念ホール
アクセス 東大前駅(地下鉄南北線) 徒歩1分
湯島駅又は根津駅(地下鉄千代田線) 徒歩8分
本郷三丁目駅(地下鉄大江戸線) 徒歩10分
http://www.a.u-tokyo.ac.jp/campus/keiro.html
講演者 西津貴久(岐阜大学 応用生物科学部 応用生物科学科 教授)
末永智一(東北大学大学院 環境科学研究科 先端環境創成学専攻 教授)
若本祐一(東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 准教授)
小関泰之(東京大学大学院 工学系研究科 電気系工学専攻 准教授)
プログラム 13:00- 受付開始
13:30- 開会

13:35-
『振動で食品物性をはかる』
西津貴久(岐阜大学 応用生物科学部 応用生物科学科 教授)


14:25-
『COI東北拠点の取り組み:自助と共助のバランスが取れた社会構築を目指して』
末永智一(東北大学大学院 環境科学研究科 先端環境創成学専攻 教授)


15:15- 休憩

15:25-
『特殊な細胞ヒストリーをとらえる1細胞計測技術』
若本祐一(東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 准教授)


16:15-
『誘導ラマン散乱顕微法による生体分子イメージングとその応用』
小関泰之(東京大学大学院 工学系研究科 電気系工学専攻 准教授)


17:05- 閉会
17:30- 技術交流会
参加費 セミナー参加費:無料(当日受付可)
技術交流会参加費:3,000円、学生1,000円(事前申込制)
定員 100名
(満席となり次第締め切りとなります。当日残席がある場合のみ入場できます。)
参加申込 お申込みは下記のリンクからお願いいたします。技術交流会の参加も事前申込みが必要です。
https://service.dynacom.jp/form/g/jsbba/f_28/index.php
【セミナー参加申込締切】11/22(終日)
【技術交流会参加費事前決済締切】コンビニ決済:11/12(終日) or クレジットカード決済:11/16(正午)
※お申込みいただいた個人情報は、参加確認および今後のさんわかセミナーご案内以外の目的には使用いたしません。
問い合わせ先 日本農芸化学会 産学官若手交流会(さんわか)
E-mail (青字「E-mail」の部分をクリックしてください)