概要

日時 2017年11月18日(土)15:00~16:30
場所 LES PLAISIRS café+(レ・プレジュール カフェプラス)福井駅前本店
2F/カフェ(イートイン)スペース
(〒910-0006 福井県福井市中央1-4-12)
共催 福井県立大学
テーマ 「食品にかかわる微生物たち」
コーディネーター 福井県立大学生物資源学部 教授 濱野 吉十 氏
講師 福井県立大学生物資源学部 講師 丸山 千登勢 氏
内容 人類は有史以来、微生物による発酵をうまく利用してきました。日本でも、日本酒や味噌、醤油醸造の歴史はとても古く、また海外から導入されたパンやワインなどの発酵食品を含め、日本人の生活に無くてはならないものとなっています。食品は発酵によって素材とは異なる味と風味、栄養を持つようになります。

さらに現代では、食品をより美味しくしたり、長持ちさせたり、あるいは健康に役立つ付加価値を付与するツールとして、微生物発酵によって作り出される化合物や酵素が多く利用されています。例えば旨味性ヌクレオチドや、機能性アミノ酸、保存料としての働きを持つペプチド、食品加工に使われる酵素などもその一つです。

私たちの生活に活用されている微生物発酵を科学することで、その舞台裏にある微生物たちが持つ巧みな能力を見てみましょう。
参加費 500円
定員 25名(先着)中学生以上の生物と化学に興味がある方
参加申込・お問合せ先 いずれかの方法でお申し込み下さい。
(1) 福井県立大学 公開講座お申込フォーム
(2) 電話 0776-61-6000(代)
(3) FAX 0776-61-6011
(4) E-mail

メールでお申し込みの際は件名に【公開講座】と入れてください。
<永平寺キャンパス> 担当:連携・研究推進課