概要

日時 2019年4月13日(土)14:00~16:00
場所 gallery coniwa 錦の家(京都市中京区三文字町570)
共催 京都カラスマ大学
テーマ 「きくの? きかないの? コラーゲンのひみつ。」
講師(話題提供) 佐藤 健司 氏(京都大学農学研究科)
コーディネーター 京都カラスマ大学、木岡 紀幸 氏(京都大学農学研究科)
内容 「コラーゲン」をネット検索すると、たくさん情報がでてきます。そのなかには「肌のハリ」「関節によい」「若さの源」など、なんだかカラダに良さそうなキーワードが目立つけれど…。

サプリメントも化粧品も、情報がありすぎて、これらをどこまで信じていいのか。漠然としたお肌プルプル・つやつやのイメージと、頭に浮かんできた「きくの? きかないの?」のスパイラル。
———————————————————————-
「飲んだ方がいいの?塗った方がいいの?」
「吸収するにはどうしたらいいですか?」
「アンチエイジングとか、美白、アトピー改善とかも知りたい」
「軟骨のすり減りとコラーゲンについて知りたい」
「コラーゲンサプリメントは本当に効くの?」
———————————————————————-
まわりからの声を聞いても、やはり疑問はいろいろありそうです。

そこで、今回はコラーゲン研究の第一人者、京都大学の佐藤健司先生にコラーゲンについて徹底解明していただきます。
基礎知識はもちろんのこと、最新情報も聞き出しちゃいましょう!

この授業は、毎年恒例の「サイエンスカフェ」として開催します。
お茶とお菓子でくつろぎながら、最先端の研究にふれられる、またとない機会になりそうです。

(京都カラスマ大学ホームページより)
参加費 500円(茶菓子代を含む)
定員 15名
参加申込 https://goo.gl/forms/MemBg3BuTJbCdexm2
よりお申し込みください。
締切4月10日(水)