概要

タイトル 「生命科学のDX:農化系ラボのデジタル展開を探る」
主催 日本農芸化学会 産学官若手交流会(さんわか)
ポスター

さんわか第37回セミナー ポスター(PDF)

開催趣旨

近年、様々な分野でDX(Digital transformation)への取り組みが推奨されており、その注目度もますます高まっております。生命科学の分野においても同様にDXを取り入れた研究が盛んに行われています。その一方で、自身の研究においては具体的にどのようなことができるのかよく分からないといった方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで、日本農芸化学会/第37回さんわかセミナーでは、「生命科学のDX:農化系ラボのデジタル展開を探る」と題しまして、研究のDXを先導し、第一線でご活躍されている先生方をお招きしてお話を伺う機会を企画しました。講演内容は
・ AI・計算科学の活用
・ 実験自動化・ロボティックバイオロジー
・ プロセス設計・実験計画のスマート化
といった多くの研究者にとっても興味深い内容のセミナーとなっているかと存じます。また、講演の後にパネルディスカッションを企画しており、生命科学実験に携わっている研究者も交えたディスカッションの場をご準備しておりますので、皆様方の研究のDXにお役立ていただければ幸いです。
参加費は無料で、日本農芸化学会会員ではない方の参加も歓迎しております。ご興味のある皆様方のご参加をお待ちしております。

日時 2022年1月21日(金)
13:00~16:00
開催方法 Zoomウェビナー配信
プログラム

13:00 開会の挨拶

13:05~13:45
「AI・計算科学が加速する生命科学」
大上 雅史 氏(東京工業大学 情報理工学院)

13:50~14:30
「実験自動化・ロボティックバイオロジーが加速する生命科学」
神田 元紀 氏(理化学研究所 生命機能科学研究センター)

14:40~15:20
「最新情報科学を活用したプロセス設計・実験計画のスマート化」
金子 弘昌 氏(明治大学 理工学部)

15:25~15:55
パネルディスカッション
大上 雅史 氏、神田 元紀 氏、金子 弘昌 氏
兒島 孝明 氏(名古屋大学 農学部生命農学研究科)
勝山 陽平 氏(東京大学大学院 農学生命科学研究科)

16:00 閉会の挨拶

※各講演、発表30分・質疑10分となります。質疑はZoomのQ&A機能を利用して聴講者から記入いただいた内容を運営スタッフが読み上げる形式を予定しております(変更可能性あり)。

参加費 無料
定員 200名
参加申込

お申込みは下記のリンクからお願いいたします。
参加申込フォーム

1/18までに申し込みされた方は、1/19にウェビナー参加URLを送付いたします。
1/19までに申し込みされた方は、1/20にウェビナー参加URLを送付いたします。(12/23更新)
それ以降に申し込みされた方は当日11:00までに送付する予定です。参加URLリンクが送られてこない場合は、下記問い合わせ先までご連絡ください。
※先着順で定員に達し次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
※お申込みいただいた個人情報は、参加確認および今後のさんわかセミナーご案内以外の目的には使用いたしません。
迷惑メールフォルダ等に振り分けられる場合がございますので、フォルダの確認をお願いいたします。
申込締切 2022年1月20日(木)22:00
問い合わせ先 日本農芸化学会 産学官若手交流会(さんわか)
E-mail (青字「E-mail」の部分をクリックしてください)