概要

日時 2020年1月30日(木)19:00~20:30
場所 福岡市科学館 4階交流室
(福岡市中央区六本松)
テーマ アミノ酸の新パワーを健康に役立てよう!
講師 古屋 茂樹 氏(九州大学大学院 農学研究院 生物機能デザイン分野 教授、日本アミノ酸学会副会長)
コーディネーター 廣政 恭明 氏(九州大学農学研究院 准教授)
主催 日本農芸化学会、福岡市科学館
内容 アミノ酸はすべての生命体が必ず含んでいる成分です。私達の血液、臓器、皮膚、毛髪などをつくる様々なタンパク質は、わずか20種類のアミノ酸から構成されています。これまでアミノ酸はタンパク質合成の材料(素材)であることが生体内での主なと役割と見なされていましたが、近年の研究によりアミノ酸に多様な生体調節作用があることが明らかになってきました。その新たな作用を、私達の体の働きをサポートするパワーとして積極的に活用しようとする様々な試みが開始されています。
参加費 200円(お茶等)
定員 20名
参加申込・問合せ先 福岡市科学館ホームページにてお申し込みください。
2020月1月5日お昼12:00 から1月28日お昼12:00まで
(先着順、定員になり次第終了)