今年度も下記要領により、農芸化学研究企画賞・助成金の受賞候補者の募集を行います。奮ってご応募ください。受賞者には、賞状と共に、研究助成金200万円を授与します。

募集内容   賞・助成金額 応募締切日
企画賞 賞状、賞牌、研究助成金200万円 2021.11.30

1.賞の趣旨と目的

本賞は、従来のような研究成果に対する賞ではなく、実学である農芸化学分野らしい優れた研究企画に対するユニークな賞です。学術研究の産業化支援や農芸化学のさらなる発展を目指すことを目的にしております。農芸化学の特徴を活かした研究領域で、萌芽的研究および産業化を模索する比較的早期の研究の企画を対象とします。

応募された研究企画の中から、優秀なテーマ企画を選考し、農芸化学研究企画賞と共に、本賞の趣旨に賛同していただいた企業からの寄付金を主たる原資とした研究助成金を授与します。

2.企画賞の募集要項

企画案 農芸化学領域に関する企画
助成および期間 4件以内
 助成金:200万円
 研究期間:2022年4月1日~2024年3月31日(2年間)
応募資格 国公立大学・私立大学・高等専門学校の教職員、国立研究開発法人研究所等の公的な非営利研究機関に在籍する職員・研究者で、本会会員であること。
応募方法 所定の応募用紙(Word版)を、本会HPからダウンロードいただき、必要事項をご記入のうえ、本会助成金係(E-mail)までメール添付にてご提出ください。
応募締切 2021年11月30日(火)20:00
顕彰、事後報告 「企画賞」受賞者には、2022年度大会中に開催される授賞式において、賞状の授与が行われます。また、年度大会中に開催される「産学官学術交流フォーラム」にて中間報告や最終報告発表をしていただくなどのほか、得られた研究成果によっては「化学と生物」誌への報告掲載をお願いしております。
研究期間終了後、3ヶ月以内に会計報告書および研究成果報告書を産学官学術交流委員会に提出していただきます。
知的財産権等 選出された研究テーマの知的財産権は、研究者個人または研究者の所属機関の規定に従うものとします。
交付の対象となる経費
申請者が申請書に記載された通りの用途・出費のみ許容します。
※採択後、やむを得ず申請書と異なる用途での出費を行う必要が生じた際には、事前に必ず産学官学術交流委員会委員長(学会事務局気付け)までご連絡のうえ、承認を得て下さい。
※会議費は、食事費用及び飲料水費用を含むもののみ許容し、アルコール類にかかる費用は含めません。
問い合わせ先・応募先 公益社団法人日本農芸化学会事務局
〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル内
E-mail(青字「E-mail」の部分をクリックしてください)